コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子力潜水艦 げんしりょくせんすいかん nuclear-propulsion submarine; atomic-powered submarine

5件 の用語解説(原子力潜水艦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原子力潜水艦
げんしりょくせんすいかん
nuclear-propulsion submarine; atomic-powered submarine

核推進潜水艦とも呼ばれる。原子動力機関を備えた潜水艦。一般に軽水炉を使用し,炉内で発生した熱によって加熱された1次冷却水熱交換器で2次冷却水を蒸気とし,タービンを回して推進器を駆動する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げんしりょく‐せんすいかん【原子力潜水艦】

原子力を推進機関に利用した潜水艦。1954年に進水した米国のノーチラス号が最初。原潜。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

原子力潜水艦【げんしりょくせんすいかん】

原子力を動力源とする主機をもつ潜水艦。1回の核燃料装填(そうてん)により強大な出力で2年以上の長期の行動が可能で,潜航能力なども在来の潜水艦に比べ飛躍的に向上した。
→関連項目海軍軍艦ポセイドンポラリス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

げんしりょくせんすいかん【原子力潜水艦】

原子炉を動力源とする潜水艦。高速で航続距離が長く、長時間の潜水行動が可能。原潜。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原子力潜水艦
げんしりょくせんすいかん
nuclear powered submarine

原子力推進機関を主機関として航走する潜水艦。核分裂エネルギーを動力源とするため、大気と絶縁した長時間航行が可能で、燃料消費量がきわめて少なく、1回の燃料装入で数年間、10万海里以上の航行を維持しうる大出力を出せるため、在来型船型でも20ノット以上、涙滴型(るいてきがた)船型では30~35ノットの連続水中高速航行が可能などの特徴がある。[阿部安雄]

在来型潜水艦との差異

前記の特質から、原子力潜水艦は任意の期間、潜航状態で行動可能な「真の潜水艦」となり、大西洋や北極海の潜航横断、世界一周潜航など幾多の画期的な航海を行って、その真価を立証した。原子力潜水艦は在来型潜水艦の改良型ではなく、まったく新しい潜水艦とみるべきで、現在の軍艦中もっとも威力を発揮する、事実上の主力艦である。しかし、建造には高度の技術と高価な費用を要するので、現在、原子力潜水艦を保有している国はアメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国の5か国のみで、ほかにインドが2010年時点で建造中である。[阿部安雄]

沿革

1954年、アメリカで完成したノーチラスNautilusが世界最初の原子力潜水艦である。加圧水冷却炉を搭載し、就役後は、きわめて満足すべき成果を示した。ついで原子炉の小型軽量化を期待して、金属(ナトリウム)冷却炉搭載のシーウルフSeawolf(前代)が建造されたが、原子炉不調のため、以後の艦はほとんど加圧水冷却炉を用いるようになった。続いて1957年に初の実用艦スケート級Skate Classが完成、ついで涙滴型船型を採用したスキップジャック級Skipjack Classが竣工(しゅんこう)、速力30ノットを超す最初の水中高速潜水艦となった。
 これと前後してソ連が、またほかの国はそれより遅れて原子力潜水艦の建造に着手した。原子力潜水艦は実用段階に入ると、在来型潜水艦と同様に、攻撃型潜水艦、巡航ミサイル潜水艦、弾道ミサイル潜水艦の3艦種が建造されるようになった。[阿部安雄]

攻撃型潜水艦

1961年、アメリカで高性能ソナーとサブロック対潜ミサイルを装備し、300メートル級の深々度潜航能力と30ノット以上の高速力を有するスレッシャー級Thresher Classが出現、以後同国のみならず他国の同艦種の基本型となった。ついで大出力炉を搭載、高速化を図ったロサンゼルス級Los Angeles Classが1976年に完成、以後量産され、アメリカ攻撃型潜水艦の主力艦となった。続いて1996年に各性能を大幅向上させたシーウルフ級Seawolf Classが完成したが、あまりにも高価なため3隻建造にとどめ、現在は性能をやや犠牲にして建造費低減を図り、沿岸海域作戦への対応能力を強化したバージニア級Virginia Classを建造し、2004年以降6隻が就役、なお6隻が建造、計画中である。ロシアでは、ソ連時代の1958年にノベンバー級November Classを完成させて以来、アメリカの艦と類似したビクター級Victor Classおよびアクラ級Akula  Classを建造し、1986年から就役し始めた後者は静粛性がアメリカ艦なみ、あるいは、それ以上に向上した。現在はさらに能力向上を図り、射程300キロメートルのSS-N-27巡航ミサイルを装備した大型多目的攻撃潜水艦ヤーセン級Yasen Classが建造され、1番艦セベロドビンスクSeverodvinskが2010年に完成、就役とされている。イギリス、フランス、中国もこの艦種を少数隻保有し、イギリスとフランスはさらに新型艦を建造中である。2010年時点の各国の最新艦の能力は、潜航深度450~610メートル、水中速力30~35ノット程度とみられる。しかしソ連が1970年に完成したアルファ級Alfa Classはこれを大幅に上回り、チタン船殻材、金属冷却大出力原子炉などの採用により潜航深度を700メートル、水中速力を42ノットとした。さらにその後継として建造されたシエラ級Sierra Class(1984年完成)および改型のシエラ級は、大型化し加圧水型原子炉を搭載、水中速力は34から32ノットに低下したが、潜航深度は750メートルに増大している。[阿部安雄]

巡航ミサイル潜水艦

アメリカ空母機動部隊攻撃用につくられたロシア独得の艦種。SS-N-3(射程450キロメートル)6~8基搭載のエコー級Echo Classが1960、1961年に完成したが、ミサイルの遠距離誘導手段に欠け効果的でなく、以後は短距離ミサイル装備艦が建造された。その後ミサイル誘導技術、手段の向上を図り、1982年にふたたび長射程のSS-N-19(射程550キロメートル)24基を搭載したオスカー級Oscar Class(水中排水量2万0400~2万2500トン)を登場させた。冷戦終結後は当初任務の必要性が薄れ、ミサイルを対地攻撃重視型に改め、地域紛争対応能力をもたせているが、この艦種の後継艦は計画されていない。アメリカは1960年以降このタイプの艦を建造していなかったが、2003年から一部のオハイオ級Ohio Class弾道ミサイル潜水艦を、トマホーク・ミサイル(射程約1000キロメートル)154基搭載の巡航ミサイル潜水艦に改造し、2006~08年に再就役させた。そのほか1980年代前半からスタージョン級Stargeon Classおよびロサンゼルス級攻撃型潜水艦に、戦略核攻撃も可能なトマホーク・ミサイルの搭載を開始し、以後の新造艦(改ロサンゼルス級、シーウルフ級、バージニア級)にも装備して、巡航ミサイル潜水艦の能力を兼備させている。[阿部安雄]

弾道ミサイル潜水艦

隠密性に優れた原子力潜水艦は、戦略弾道ミサイルのプラットホームとして最適であり、1959年アメリカで完成したポラリス・ミサイル16基搭載のジョージ・ワシントン級George Washington Classで、ポラリス潜水艦などの弾道ミサイル潜水艦の基本型が確立した。引き続き改良型が建造され、ラファイエット級Lafayette Classは、のちに、高性能なポセイドン・ミサイル(射程約6000キロメートル)に換装され、さらに一部の艦はより威力のあるトライデント・ミサイル(射程約7800キロメートル)を搭載、トライデント潜水艦となった。
 ソ連は1967年に、ポラリス潜水艦に類似したヤンキー級Yankee Classを完成したのち、1970年代から1980年代初期にかけて長射程のSS-N-8(射程約7900キロメートル)、SS-N-18(射程約6500キロメートル)ミサイル搭載のデルタ級Delta Classを順次に登場させ、隻数と射程でアメリカをしのぐ状況となった。1980年代に入り、アメリカはトライデントあるいはトライデント・ミサイル(射程約1万2000キロメートル)24基搭載のオハイオ級Ohio Classを、ソ連は高性能のSS-N-23ミサイル(射程約8300キロメートル)を装備したデルタ級や、潜水艦史上最大のタイフーン級Typhoon Class(水中排水量2万6500トン、射程8300キロメートルのSS-N-20ミサイル20基を搭載)を登場させ、それぞれ、両国の主力艦として重きをなしてきた。
 2010年時点で、ソ連崩壊後のロシアは次期弾道ミサイル潜水艦として、新型のプラヴァミサイル(射程8300キロメートル)16基搭載のボレイ級Borey Class 3隻を建造しており、1番艦が公試運転中となっている。イギリスとフランスは弾道ミサイル16基搭載艦を、中国は12基搭載艦を少数隻保有し、インドが短距離弾道ミサイル(射程700キロメートル)12基搭載艦を建造中である。
 原子力潜水艦の発達には、高耐力材料、水中高速可能な船型、推進器、静粛航行技術、慣性航法装置、各種通信、指揮・管制装置、超遠距離ソナー、空気清浄装置などの飛躍的な進歩が大きく寄与している。[阿部安雄]
『『世界の艦船増刊第18集 潜水艦 今と昔』(1985・海人社) ▽野木恵一著『原子力潜水艦を開発せよ』(1985・サンケイ出版) ▽ノーマン・ポルマー著『原子力潜水艦』(1985・朝日ソノラマ) ▽堀元美著『潜水艦』(1987・原書房) ▽堀元美・江畑謙介著『新・現代の軍艦』(1987・原書房) ▽『世界の艦船第428号 特集 原潜の進化』(1990・海人社) ▽『原子力潜水艦』(1991・心交社) ▽トム・クランシー著『トム・クランシーの原潜解剖』(1996・新潮社) ▽『世界の艦船第505号 特集 潜水艦』(1996・海人社) ▽『世界の艦船第547号 特集 潜水艦のすべて』(1999・海人社) ▽坂本明著『大図解 世界の潜水艦』(1999・グリーンアロー出版社) ▽『現代の潜水艦』(2001・学習研究社) ▽デーヴィド・ミラー著『世界の潜水艦』(2002・学習研究社) ▽『世界の艦船第632号 特集 原潜の50年』(2004・海人社) ▽『世界の艦船増刊第68集 世界の潜水艦』(2005・海人社) ▽『世界の艦船第719号 特集 原子力潜水艦』(2010・海人社) ▽Stephen SaundersJane's Fighting Ships 2010-2011(2010, Jane's Information Group)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原子力潜水艦の関連キーワード潜水母艦動力炉そうりゅう水力機関動力車ノーチラス号噴射推進機関国際原子力機関(IAEA)イタリア潜水艦OEEC 原子力機関

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原子力潜水艦の関連情報