コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核燃料再処理工場 かくねんりょうさいしょりこうじょうnuclear fuel reprocessing plant

1件 の用語解説(核燃料再処理工場の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核燃料再処理工場
かくねんりょうさいしょりこうじょう
nuclear fuel reprocessing plant

原子炉で使用済みとなった核燃料の中から,核分裂生成物を除去し,再利用可能なウランプルトニウムを回収するための施設。軽水炉で用いられる酸化ウラン燃料の処理には,ピューレックス法呼ばれる有機溶媒抽出法が最も広く用いられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の核燃料再処理工場の言及

【核燃料再処理】より

…原子炉の使用済燃料の中から核燃料物質を回収することをいい,あるいは使用済燃料再処理,または単に燃料再処理ということもある。核燃料が原子炉で使用されると,(1)核分裂生成物がしだいに蓄積してきてこれによる中性子吸収が増加し炉の運転が難しくなる,(2)核分裂生成物の蓄積や放射線損傷により核燃料の機械的性質などが変化し燃料体が損傷するおそれがある――ために,ある期間使用したあとはこれを取り出し新しい核燃料と交換する。…

※「核燃料再処理工場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

核燃料再処理工場の関連情報