コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核燃料再処理工場(読み)かくねんりょうさいしょりこうじょう(英語表記)nuclear fuel reprocessing plant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核燃料再処理工場
かくねんりょうさいしょりこうじょう
nuclear fuel reprocessing plant

原子炉で使用済みとなった核燃料の中から,核分裂生成物を除去し,再利用可能なウランやプルトニウムを回収するための施設。軽水炉で用いられる酸化ウラン燃料の処理には,ピューレックス法と呼ばれる有機溶媒抽出法が最も広く用いられている。日本では,茨城県東海村にピューレックス法による再処理工場 (年間処理能力 210t) が稼働しているが,再処理需要の増大を見込んで,青森県六ヶ所村に,年間 800tの処理能力をもつ再処理工場が 2005年に操業開始の予定である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の核燃料再処理工場の言及

【核燃料再処理】より

…原子炉の使用済燃料の中から核燃料物質を回収することをいい,あるいは使用済燃料再処理,または単に燃料再処理ということもある。核燃料が原子炉で使用されると,(1)核分裂生成物がしだいに蓄積してきてこれによる中性子吸収が増加し炉の運転が難しくなる,(2)核分裂生成物の蓄積や放射線損傷により核燃料の機械的性質などが変化し燃料体が損傷するおそれがある――ために,ある期間使用したあとはこれを取り出し新しい核燃料と交換する。…

※「核燃料再処理工場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

核燃料再処理工場の関連情報