コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核移植 かくいしょくnuclear transplantation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核移植
かくいしょく
nuclear transplantation

あらかじめを取り除くか,紫外線照射で核を不活化した細胞に,別の細胞の核を移植する方法。 1939年 J.カマンドン,P.デフォンブルーネがアメーバの核移植に成功して以来,52年 R.ブリッグス,T.キングがヒョウガエルで,60年 J.ガードンらがアフリカツメガエルを用いて成功した。現在では,マウスなどほ乳類への応用が試みられている。この技術は,核と細胞質の機能や相互関係を調べる研究に用いられるほか,DNA,RNA,蛋白質合成の調節の仕組みを解明するための有力な手段となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かく‐いしょく【核移植】

核を除去あるいは不活性化した細胞に、他の細胞から取り出した核を移植すること。核や細胞質の機能研究に用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

核移植の関連キーワードジョン・バートランド ガードンクローン技術規制法人工多能性幹細胞体細胞クローン川村 智治郎クローン牛細胞生物学クローン羊岡田 要発生工学特定胚家畜繁殖

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

核移植の関連情報