核移植(読み)かくいしょく(英語表記)nuclear transplantation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核移植
かくいしょく
nuclear transplantation

あらかじめを取り除くか,紫外線照射で核を不活化した細胞に,別の細胞の核を移植する方法。 1939年 J.カマンドン,P.デフォンブルーネがアメーバの核移植に成功して以来,52年 R.ブリッグス,T.キングがヒョウガエルで,60年 J.ガードンらがアフリカツメガエルを用いて成功した。現在では,マウスなどほ乳類への応用が試みられている。この技術は,核と細胞質の機能や相互関係を調べる研究に用いられるほか,DNA,RNA,蛋白質合成の調節の仕組みを解明するための有力な手段となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かく‐いしょく【核移植】

核を除去あるいは不活性化した細胞に、他の細胞から取り出した核を移植すること。核や細胞質の機能研究に用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

核移植の関連情報