根来 源之(読み)ネゴロ モトユキ

20世紀日本人名事典の解説

根来 源之
ネゴロ モトユキ

明治〜昭和期の労働運動指導者,ジャーナリスト



生年
明治8年6月14日(1875年)

没年
昭和14(1939)年4月18日

出生地
和歌山県池田村(現・打田町)

学歴〔年〕
カリフォルニア大学

学位〔年〕
法学博士

経歴
17歳で米国に渡り、苦学しながらカリフォルニア大学で法律を修める。のちハワイのホノルルに法律事務所を開設。傍ら、日本人移民の労働条件改善を志し、明治38年革新同志会を結成して移民会社を弾劾、さらにハワイ総領事の更迭にも成功した。41年人種差別に基づく劣悪な賃金の改善を求めて耕地労働者増給論を主張し批評活動を展開、4ケ月に渡る7000人規模の大ストライキを指導して逮捕された。また大正9年の同盟罷工でも先頭に立って運動を推進し、投獄された。著書に「明治41〜42年布哇邦人活躍史」「米国憲法」「大罷工回顧史」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android