桂 ざこば(初代)(読み)カツラ ザコバ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

桂 ざこば(初代)
カツラ ザコバ


職業
落語家

本名
小倉 幸次郎

別名
前名=三遊亭 柳吉,洗場亭 さん助,桂 三輔

経歴
笑福亭光蝶、三遊亭柳吉、洗場亭さん助、桂三輔を経て、大正9年4月に桂ざこばと改名。新しがり屋で、英語がポンポン飛び出す落語で人気があった。三輔時代に「新町ぞめき」、ざこばになってから「脱線車掌」「野球見物」などの新作をレコードにしている。昭和6〜8年、大阪でラジオ出演し、十八番の「宿がえ」などを演じた。晩年は引退。「ざこば」とは大阪市にあった魚市場のこと、雑喉場と書いた。

没年月日
昭和13年 9月19日 (1938年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報