新町(読み)シンマチ

デジタル大辞泉の解説

しんまち【新町】

大阪市西区新町通り付近の称。寛永年間(1624~1644)に公許遊郭がつくられて繁栄し、江戸の吉原、京の島原と並び称せられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しんまち【新町】

大阪市西区の町名。江戸時代の初め,伏見浪人木村又次郎が島之内の傾城町を移転して瓢簞町を開発。1626年(寛永3)の立売堀(いたちぼり)川完成によりしだいに発展して,問屋などが雑居していたが,大坂三郷唯一の遊女町として公認され,35年ころから周辺の遊廓が逐次移転。瓢簞町を中心に佐渡島町,葭原(吉原)町,新京橋町,新堀町が形成されて五曲輪(ごくるわ)といい,ややおくれてできた九軒町,佐渡屋町を加えて新町と総称した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんまち【新町】

大阪市西区中央部の地名。寛永年間(1624~1644)の新地で、公許遊郭が置かれ、京の島原、江戸の吉原とともに知られた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐ちょう ‥チャウ【新町】

江戸の遊里新吉原の五町の一つ、京町二丁目の異称。元吉原時代、京町一丁目より二、三年おくれて上方系の遊女屋が移って町を開いたところからの称。

しん‐まち【新町】

[1] 〘名〙 新しく開かれた町。
※天正本狂言・酢辛皮(室町末‐近世初)「当地におひて新町を立る」
[2]
[一] 宮城県黒川郡富谷町にあった地名。江戸時代、奥州街道七北田(ななきた)と吉岡との間にあった宿駅。富谷新町。富谷。
[二] 大阪市西区新町一丁目にあった遊郭。寛永年間(一六二四‐四四)大坂に散在していた遊女を集めて公許したもの。瓢箪(ひょうたん)町、佐渡島町(越後町)、新堀町、新京橋町、九軒町などからなる。京の島原、江戸の吉原とともに知られた。西。
俳諧・物種集(1678)「小町と思ふ新町の君 唐かさをうつりにけりな徒に〈百切〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の新町の言及

【新地】より

…とくに江戸時代の都市の,17世紀後半以降の拡大再編過程で,河川の改修工事や海辺の埋立て,また土地の割替えなどの結果,新たに造成され居住地となった部分を,従来からある土地に対して新地という。新町,新屋敷も同様の意味で用いることが多い。大坂では17世紀末の元禄期に河村瑞賢により安治川の開削,堂島川,曾根崎川の浚渫(しゆんせつ)など大規模な河川改修工事が行われ,安治川新地9町,堂島新地11町,堀江新地24町などの新たな町が成立している。…

【難波鉦】より

…1680年(延宝8)3月撰の序,後序があり,本書の返答書(批判書)の出版時期から1680年刊行と推定される。大坂新町の遊女の名寄せ(名簿)を兼ねて色道の諸分(しよわけ)(遊女が客に対応する仕方)を述べた書。〈初冠〉〈釣針〉以下,〈恋手引(こいのてびき)〉〈雲井月(くもいのつき)〉まで100章に分け,それぞれに章名と太夫,天神の名とを掲げて,遊女が客の質問に答えるという構成をとる。…

【遊郭(遊廓)】より


[沿革と制度]
 厳密な意味における公娼集娼を目的とした遊郭は,豊臣秀吉によって1585年(天正13)に始められ,徳川氏がこの政策を継承して整備していった。85年の許可は大坂の島之内辺であったといい,慶長年間(1596‐1615)に道頓堀へ移った後,17世紀初頭の元和~寛永初年に新町(しんまち)(現,西区新町1丁目付近)へ移転して定着した。しかしそのときに建設されたのは瓢簞町(ひようたんまち)で,後に市内各所から次々に移住して,佐渡島町,新京橋町,新堀町,吉原町などが追加されており,全体の完成に約30年を要したのは,発足時における集娼制の不徹底さを露呈している。…

※「新町」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新町の関連情報