桂 文枝(3代目)(読み)カツラ ブンシ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

桂 文枝(3代目)
カツラ ブンシ


職業
落語家

本名
橋本 亀吉

別名
初名=桂 小文,前名=桂 小文枝

生年月日
元治1年

出生地
大坂(大阪府)

経歴
父は大阪上本町で城代用達「橋本屋」を営んでいたが早くに没する。近所に住む初代桂文枝から小噺の手ほどきを受け、小文の名で初高座を踏む。初代文枝の死後、2代目文枝のもとで修業。明治13年小文枝と改名。のち37年に3代目桂文枝を襲名する。39年4月、雷門助六(のち3代目志ん生)の紹介で上京、芝玉の井、日本橋木原店などに出演。持ちネタが多く、話ぶりも巧妙で「千両蜜柑」「菊江の仏壇」「お文さん」などを得意とした。また、三味線・笛・太鼓なども上手で舞は山村流をきわめていた。

没年月日
明治43年 12月24日 (1910年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android