コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂藤兵衛 かつらとうべい

世界大百科事典内の桂藤兵衛の言及

【桂文枝】より

…落語家。(1)初代(1819‐74∥文政2‐明治7) 俗に藤兵衛という。上方の3代桂文治門下。上方落語の代表的演目《三十石(さんじつこく)》は彼の作といわれ,得意の演目でもあった。幕末の上方落語界の重鎮。(2)2代(1844‐1916∥弘化1‐大正5) はじめ桂万光(まんこう)に入門して南光,のち立川三光門下となって三木助(桂三木助)となり,のち初代桂文枝の門に転じて文三(ぶんざ)から2代襲名。還暦の際に,弟子の桂小文枝に3代目をゆずって桂文左衛門と改名。…

※「桂藤兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

桂藤兵衛の関連キーワード笑福亭 円笑(3代目)桂 藤兵衛桂 藤誠