コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米屋 コメヤ

4件 の用語解説(米屋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こめ‐や【米屋】

米を売る店。また、それを業とする人。米穀商。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こめや【米屋】

米を販売する商人であるが,業態は複雑であった。米は前近代では貢租であったから,流通には制約があった。古代,平城京平安京には東西の市に〈米〉(米店)があり,米を販売していた。中世後期では諸所の市に米の量り売りをする女性の米売りがいた。末期には,京都に米座(米屋座)ができ,米の売買を独占した。近世になって,米は大量に売買され,いろいろな米商人がこれに参加した。米の市場は大坂と江戸が中心であった(米市)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こめや【米屋】

米穀類を売る店。また、その商いをしている人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

米屋
こめや

米(玄米、白米)を売買する商人。業態は複雑である。米は前近代では貢租であり、流通には制約があった。古代の8~10世紀の公営の市(いち)では余剰米が米廛(こめてん)(店)で放出、販売された。中世の14世紀には港々の問丸(といまる)は米問屋の機能を果たし、15世紀には先進地域の市で米を量り売りする女性の米売りがいたし、16世紀には京都に米座(米屋座)ができて米の売買を独占していた。
 近世の17世紀になって、米は大量に売買され、いろいろな米商人が現れた。米の取引は大坂と江戸が中心で、流通米には蔵米(くらまい)と納屋米(なやまい)とがあった。蔵米は幕府、諸藩の年貢米(ねんぐまい)の払下げ米である。大坂には諸藩の蔵屋敷があり、蔵元(くらもと)が売買にあたり、掛屋(かけや)が代金の出納をした。掛屋には蔵元の兼帯が多かった。払下げ米は蔵米問屋が引き受け、米仲買や米穀仲買、駄売屋(だうりや)を通じて搗米屋(つきごめや)に渡った。江戸では幕府の蔵米は札差(ふださし)から、諸藩の払下げ米も蔵屋敷・米会所から、米仲買を通じて、または直接に脇店(わきだな)八ヶ所組米屋に売られ、搗米屋はそこから買った。納屋米は農民が直接に市場に出すもので、地方の市や在町の米問屋へ売った。産地で集荷された米は都市の米問屋に送られた。大坂では納屋米問屋、江戸では上方(かみがた)筋からの下(くだ)り米問屋と、関東・奥州筋からの地回(じまわ)り米穀問屋と、それとは別に関東・陸奥(むつ)9か国からの関東米穀三組問屋があった。なお、大坂には京都筋向きの上(かみ)問屋や上積(かみづみ)問屋があった。問屋で取引される米は玄米であったから、消費者の手に渡るには精米しなければならなかった。搗米屋は小売りの米屋であり、問屋から入手した玄米を米舂(こめつき)を雇って店頭で踏み臼(うす)で精白した。米舂は多く甲斐(かい)(山梨県)、信濃(しなの)(長野県)、越後(えちご)(新潟県)からの農閑期の出稼ぎであった。近世での米の大量集散地は、大坂、江戸のほか、酒田、新潟、桑名(くわな)、下関(しものせき)、尾道(おのみち)などの港町であった。
 近代になって、米は完全に商品となった。生産地には生産者の農民から買い集める米仲買と移出問屋、消費地では生産地から買い付ける米問屋と、そこから玄米を仕入れて精白して消費者に小売りする米屋とになった。小売りの米屋は前代の搗米屋である。第二次世界大戦中は国家管理が強化され、1942年(昭和17)の食糧管理法により米穀供出制と配給制が実施され、米取引は食糧営団に統制された。戦後の現代では、食糧営団は食糧配給公団に改組され、その配給所から米の配給を受けた。1951年(昭和26)に公団は廃止されたものの、食糧管理法は一面で強化され、生産された米は政府が買入れ価格で買い入れて、民主的に選ばれて登録した民営の米屋に売り渡し、小売価格(消費者価格)も政府が決定していた。この米屋は少数の卸と多数の小売りに分かれている。しかし、米屋の配給米の不正や古米の大量の持ち越しや食管会計(食糧管理特別会計)の赤字などから、米の流通改革が求められた。1994年(平成6)食糧管理法が廃止となり、食糧法が制定されると、米の小売りは大幅に緩和され、スーパーマーケットなども参入してきた。2004年には食糧法が改正され、米の小売業者は登録制から届出制へと、よりいっそうの緩和がなされている。そのため、米屋も精米や白米の販売のほかに、米以外の商品も取り扱うようになった。さらにコンビニエンス・ストアなどに変更する店も多く、米穀を専門に取扱う米屋は大幅に減少している。
 ところで、米価は庶民生活にとって重大なものであったから、米屋は近世の打毀(うちこわし)、近代の米騒動というように不況のときの攻撃の対象となっていた。[遠藤元男]
『鈴木直二著『米穀配給組織の研究』(1965・柏書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米屋の関連キーワード小商人大商人複雑怪奇別売売仲買プレイス店商人フォード効果販売組織綿座

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米屋の関連情報