案の外(読み)アンノホカ

デジタル大辞泉の解説

あん‐の‐ほか【案の外】

予想。意外。
「今日の内に寄りて攻めんこそ、彼奴(かのやっこ)は―にて迷はめ」〈今昔・二五・九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あんのほか【案の外】

思いの外。予想外。意外。案外。 「今日の内に寄りて攻めんこそ、彼奴は-にて、まどはめ/今昔 25

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あん【案】 の 外(ほか)

思いも及ばないこと。予想外。案外意想外
※今昔(1120頃か)二五「今日の内に寄て責むこそ、彼(かの)(やっこ)は案の外にて迷(まど)はめ」
※ぎやどぺかどる(1599)上「彼合力をなす者も〈略〉ともに倒れて、の外なる哢りを受べしと」
※黄表紙・莫切自根金生木(1785)上「あんのほか、海川へすたれる金銀、魚(うを)にまじりておびただしくあがりしゆへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android