莫切自根金生木(読み)キルナノネカラカネノナルキ

デジタル大辞泉の解説

きるなのねからかねのなるき【莫切自根金生木】

黄表紙。唐来参和作、喜多川千代女画。天明5年(1785)刊。3巻3冊。金がありすぎて苦しむ大金持ちが、貧乏になろうとあの手この手を尽くすが失敗する話。題名は回文になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きるなのねからかねのなるき【莫切自根金生木】

黄表紙。三巻三冊。唐来参和(とうらいさんな)作・喜多川千代女画。角書「順廻能名題家(まわりのよいなだいのいえ)」。天明五年(一七八五)刊。金があり過ぎて苦労の絶えない金満家が、貧乏になろうとあらゆる手段を尽くすがことごとく失敗し、ついには世界中の金が集まって居所もなくなるという話。題名は、逆からも同じに読める回文。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android