コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐大内蔵 きり おおくら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桐大内蔵 きり-おおくら

?-? 江戸時代前期の女歌舞伎の役者,座元。
初代桐長桐(きり-ちょうきり)の孫娘坂桐の娘という。寛永7年(1630)江戸中橋で女舞を興行,寛文元年(1661)江戸木挽(こびき)町に桐座を創設。「松平大和守(やまとのかみ)日記」元禄(げんろく)6年(1693)5月6日の条に白河で興行したとある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の桐大内蔵の言及

【桐座】より

…その起源は明らかではないが,《桐家古来譜》などの由緒書によると,伊豆・相模地方にいた舞太夫より起こった女舞太夫であったらしい。《戯場年表》などによると,1630年(寛永7)に桐大内蔵(きりおおくら)が女舞を中橋で興行し,61年(寛文1)には桐長桐(きりちようきり)が女芝居を木挽町で興行したとされる。確実な資料としては《松平大和守日記》元禄6年(1693)5月6日の条,白河での女舞興行を記すなかに,桐大内蔵,桐乙女の名が見える。…

※「桐大内蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

桐大内蔵の関連キーワード森律子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android