コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐大内蔵 きり おおくら

1件 の用語解説(桐大内蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桐大内蔵 きり-おおくら

?-? 江戸時代前期の女歌舞伎の役者,座元。
初代桐長桐(きり-ちょうきり)の孫娘坂桐の娘という。寛永7年(1630)江戸中橋で女舞を興行,寛文元年(1661)江戸木挽(こびき)町に桐座を創設。「松平大和守(やまとのかみ)日記」元禄(げんろく)6年(1693)5月6日の条に白河で興行したとある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の桐大内蔵の言及

【桐座】より

…その起源は明らかではないが,《桐家古来譜》などの由緒書によると,伊豆・相模地方にいた舞太夫より起こった女舞太夫であったらしい。《戯場年表》などによると,1630年(寛永7)に桐大内蔵(きりおおくら)が女舞を中橋で興行し,61年(寛文1)には桐長桐(きりちようきり)が女芝居を木挽町で興行したとされる。確実な資料としては《松平大和守日記》元禄6年(1693)5月6日の条,白河での女舞興行を記すなかに,桐大内蔵,桐乙女の名が見える。…

※「桐大内蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

桐大内蔵の関連キーワード遊女歌舞伎歌舞伎役者幾島丹後守佐渡島正吉杉山主殿段助出来島長門守鳥居庄七中村勘之丞松島半弥(2代)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone