コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐座 きりざ

世界大百科事典 第2版の解説

きりざ【桐座】

江戸の女舞,女芝居の劇場の一つ。のち市村座控櫓(ひかえやぐら)。その起源は明らかではないが,《桐家古来譜》などの由緒書によると,伊豆・相模地方にいた舞太夫より起こった女舞太夫であったらしい。《戯場年表》などによると,1630年(寛永7)に桐大内蔵(きりおおくら)が女舞を中橋で興行し,61年(寛文1)には桐長桐(きりちようきり)が女芝居を木挽町で興行したとされる。確実な資料としては《松平大和守日記》元禄6年(1693)5月6日の条,白河での女舞興行を記すなかに,桐大内蔵,桐乙女の名が見える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の桐座の言及

【江戸三座】より

…中村座は中村勘三郎,森田座は森田勘弥,市村座は市村羽(宇)左衛門が基本的に代々座元として興行権を持っていたが,この三座に経済的な支障が生じ興行を継続できない事態になったおりは,控櫓(仮櫓)によって興行が行われた。1735年(享保20),森田座にかわり河原崎座が興行したのがはじめで,中村座には都座,市村座には桐座が控櫓として存在した。【近藤 瑞男】。…

【歌舞伎】より

…もっとも,中村,市村,森田の3座が都合によって興行不可能のときに限り,あらかじめ定めてある者が代わって興行することが許されていた。中村座には都座,市村座には桐座,森田座には河原崎座が代わりうる定めであった。中村,市村,森田の3座を〈元櫓(もとやぐら)〉(〈本櫓〉とも),都,桐,河原崎の3座を〈仮櫓(かりやぐら)〉(〈控櫓〉とも)と呼んだ。…

【新富座】より

…しかし,79年9月外人の一座を招いて劇中劇に《漂流奇談西洋劇(ひようりゆうきだんせいようかぶき)》という合同劇を上演させて失敗。このころから座主守田勘弥の負債がかさみはじめ,その後は座主名義を変更したり,座主が変わったりして,座名も猿若座,桐座,深野座,都座などと頻繁に変わっている。97年新富座に復名,1909年松竹合名社が買収,23年関東大震災で焼失するまで存続した。…

※「桐座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

桐座の関連キーワード尾上 多賀之丞(3代目)坂東 又三郎(2代目)市村羽左衛門(9代)大谷友右衛門(2代)市野川彦四郎(初代)瀬川富三郎(2代)名見崎徳治(2代)西川扇蔵(2代)敵討天下茶屋聚隅田春妓女容性市村羽左衛門尾上多賀之丞富岡恋山開松本五郎市お染/久松金沢五平次積恋雪関扉神霊矢口渡春昔由縁英羽根の禿

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android