白河(読み)はくが

大辞林 第三版の解説

しらかわ【白河】

福島県南部の市。もと、松平氏、のち阿部氏の城下町で、関東と奥州を結ぶ要地。南湖公園・白河の関跡がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白河の関連情報