コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐竹門三郎 きりたけ もんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桐竹門三郎 きりたけ-もんざぶろう

?-? 江戸時代中期の人形浄瑠璃(じょうるり)の人形遣い。
初代桐竹勘十郎(かんじゅうろう)の門弟。享保(きょうほう)(1716-36)のころから竹本座に出演,桐竹助三郎とならび称される。初代吉田文三郎の引退後竹本座座頭となり,立役(たちやく)遣いとして名をなした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桐竹門三郎の関連キーワード桐竹門造(初代)桐竹門左衛門新薄雪物語人形遣い

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android