コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桐長桐 きり ちょうきり

2件 の用語解説(桐長桐の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桐長桐 きり-ちょうきり

?-? 江戸時代前期の女歌舞伎の役者。
越前(えちぜん)(福井県)幸若舞曲の幸若小八郎の弟子幸若与太夫の子孫で女舞,女芝居を興行。代々女性の後継者が長桐を名のり,座元をつとめたという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

桐長桐

生年:生没年不詳
江戸前期の女歌舞伎桐座の座元。先祖は越前国(福井県)幸若小八郎の門弟幸若与太夫の子孫。通説では寛文1(1661)年,江戸木挽町で興行したとするが不詳。名跡は代々女子が相続し,市村座の控櫓(興行の代行者)として天明4(1784)年から4年間,寛政5(1793)年から5年間,文化13(1816)年から翌年まで葺屋町(日本橋堀留)で興行した。<参考文献>木村錦花『小田原桐座の発見』,関根只誠『東都劇場沿革誌』

(今西晶子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の桐長桐の言及

【桐座】より

…その起源は明らかではないが,《桐家古来譜》などの由緒書によると,伊豆・相模地方にいた舞太夫より起こった女舞太夫であったらしい。《戯場年表》などによると,1630年(寛永7)に桐大内蔵(きりおおくら)が女舞を中橋で興行し,61年(寛文1)には桐長桐(きりちようきり)が女芝居を木挽町で興行したとされる。確実な資料としては《松平大和守日記》元禄6年(1693)5月6日の条,白河での女舞興行を記すなかに,桐大内蔵,桐乙女の名が見える。…

※「桐長桐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

桐長桐の関連キーワード女歌舞伎遊女歌舞伎歌舞伎役者歌舞伎踊河原崎権之助(4代)桐大内蔵佐渡島正吉出来島長門守山村長太夫(2代)山村長太夫(4代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone