コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井義肇 さくらい ぎちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井義肇 さくらい-ぎちょう

1868-1926 明治-大正時代の仏教者。
明治元年10月16日生まれ。浄土真宗本願寺派の僧。明治19年西本願寺の普通教校(現竜谷大)生徒のとき,高楠順次郎らと反省会をつくり,禁酒運動を推進。20年機関誌「反省会雑誌」(32年「中央公論」と改題)を発刊。還俗(げんぞく)後も仏教の海外布教につくした。大正15年7月30日死去。59歳。大阪出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桜井義肇の関連キーワード五所平之助島津保次郎清水宏斎藤寅次郎溝口健二衣笠貞之助田坂具隆戊辰戦争プドフキン山本嘉次郎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android