コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桧原湖 ひばらこ

2件 の用語解説(桧原湖の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕桧原湖(ひばらこ)


福島県北西部、磐梯(ばんだい)山北麓(ほくろ)にある火山性の堰止湖(せきとめこ)。面積10.7km2。秋元(あきもと)湖・小野川(おのがわ)湖とともに裏磐梯3湖とよばれる。1888年(明治21)の磐梯山大噴火による泥流で長瀬(ながせ)川上流が堰き止められてできた。裏磐梯観光の中心の一つ。冬季にはワカサギの穴釣りが盛ん。湖畔にキャンプ場ペンション村・自然観察歩道などがある。磐梯朝日国立公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桧原湖
ひばらこ

福島県北部、耶麻(やま)郡北塩原村の磐梯(ばんだい)高原にある湖。面積10.83平方キロメートル。水面標高822メートル、最大水深30.5メートル。南北約10キロメートルで細長く、湖岸線は複雑である。1888年(明治21)磐梯山大爆発の際、流れ出た泥流が長瀬(ながせ)川の支流桧原川をせき止めてつくりだしたもので、小野川湖、秋元湖とともに裏磐梯三湖といわれる。大爆発でかつての米沢(よねざわ)街道の宿駅集落桧原や雄子沢(おしざわ)、細野はいずれも湖底に沈んだ。湖面には泥流丘陵が島となって点在する。磐梯朝日国立公園に含まれ、四季を通じて観光客が絶えない。冬季、結氷した湖でのワカサギ釣りは有名。[中村嘉男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桧原湖の関連キーワード裏磐梯川内磐梯朝日国立公園磐梯熱海温泉磐梯山磐梯高原会津磐梯山ばんだい磐梯[町]磐梯熱海[温泉]

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桧原湖の関連情報