米沢(読み)よねざわ

精選版 日本国語大辞典「米沢」の解説

よねざわ よねざは【米沢】

[1] 山形県南端の地名。米沢盆地の中心地。江戸時代、上杉氏一五万石の城下町として繁栄。伝統の米沢織などの繊維工業が行なわれるほか、電気機器工業などがさかん。明治二二年(一八八九)市制。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一「米沢(ヨネザハ)の羽織に、じみな琉球紬の薄綿入」

よねざわ よねざは【米沢】

(「よねさわ」とも) 姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「米沢」の解説

米沢
よねざわ

山形県南部,米沢盆地の中心都市
中世,長井庄の地頭長井氏の住地。のち伊達氏が占拠し,政宗移封後蒲生氏郷 (がもううじさと) の所領となる。1601年上杉景勝が入部,以後その城下町として繁栄した。江戸中期,9代治憲 (はるのり) が米沢織をおこし殖産興業の中心となる。1889年市制を施行

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android