コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磐梯高原 ばんだいこうげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磐梯高原
ばんだいこうげん

福島県北部,磐梯山の北斜面とその山麓一帯の呼称。裏磐梯ともいう。旧磐梯山は,大磐梯,小磐梯,櫛ヶ峰の3峰からできていたが,1888年の噴火により小磐梯が爆発し,その岩石や泥流が裏磐梯一帯の村落や谷間を埋め,大小 80もの湖沼を形成した。裏磐梯三湖の檜原湖秋元湖小野川湖をはじめ,五色沼などの湖沼群,川上温泉,裏磐梯温泉などがある。磐梯ゴールドライン,磐梯吾妻レークライン,西吾妻スカイバレーが通じる。磐梯朝日国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばんだいこうげん【磐梯高原】

福島県北部,磐梯山の北方に広がる高原。裏磐梯高原ともいう。耶麻郡北塩原村猪苗代町にまたがる。標高800m前後の泥流丘陵と,その間に大小100余の湖沼が散在する景勝地で,磐梯朝日国立公園に属する。1888年7月15日磐梯山が大爆発し,流下した泥流が北麓にあった雄子沢(おしざわ),細野,秋元の集落を埋没させ,長瀬川上流部をせき止め,その結果,檜原湖小野川湖秋元湖五色沼などの湖沼群が出現した。磐梯ゴールドラインなどの観光道路が通じる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磐梯高原
ばんだいこうげん

福島県中北部、磐梯山北麓(ほくろく)一帯の高原。耶麻(やま)郡猪苗代(いなわしろ)町と北塩原村にまたがる。標高約800メートルの高原で、長く裏磐梯・裏磐梯高原とよばれた。磐梯朝日国立公園の一中心。1888年(明治21)磐梯山の大爆発の際、押し出された泥流によって、長瀬(ながせ)川水系の諸河川がせき止められ、裏磐梯三湖とよばれる桧原(ひばら)湖、小野川湖、秋元湖をはじめ、大小無数の湖沼が出現した。桧原湖南岸東方の泥流丘陵には約3キロメートルにわたり五色沼(ごしきぬま)湖沼群がある。柳沼、るり沼、青沼、赤沼、みどろ沼、毘沙門(びしゃもん)沼などの小沼が、藍(あい)、コバルト、緑、赤など微妙に異なった水の色を呈する。磐梯山の活動の跡をとどめる火山地形が、これら湖沼群の静けさと対照的な激しさをみせ、高原一帯の景観を魅力あるものにしている。近年、広域観光ルートの開発で福島、米沢(よねざわ)方面からも訪れる人が急増した。また、猪苗代盆地との比高を利用して秋元発電所なども設けられている。[中村嘉男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

磐梯高原の関連キーワードリステルスキーファンタジア福島県耶麻郡猪苗代町磐根猪苗代リゾートスキー場福島県耶麻郡北塩原村磐梯山ゴールドライン磐梯熱海[温泉]大塩裏磐梯温泉猪苗代スキー場福島県郡山市北塩原(村)白布[温泉]高森熱海道路中ノ沢温泉米沢(市)白布温泉高湯温泉土湯温泉猫魔ヶ岳堰止湖

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android