コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桧皮色 ひわだいろ

1件 の用語解説(桧皮色の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

ひわだいろ【桧皮色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗いみの黄赤」としている。一般に、ひのきの樹皮のような、ややくすんだ茶色。古くは檜の樹皮で染めた染色の色だったとされ、蘇芳すおうよりも濃い色であったという。檜はヒノキ科の常緑針葉高木。平安時代から使われてきた伝統色名で『源氏物語』にも記述がある。かさね色目いろめの名でもあり、表がみを帯びた蘇芳、裏はあいの色など。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桧皮色の関連キーワードA判JISコードシフトJISコード判型JISキーボード小暗い標準規格JIS漢字JIS感度JIS規格

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone