コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桧皮色 ひわだいろ

色名がわかる辞典の解説

ひわだいろ【桧皮色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗いみの黄赤」としている。一般に、ひのきの樹皮のような、ややくすんだ茶色。古くは檜の樹皮で染めた染色の色だったとされ、蘇芳すおうよりも濃い色であったという。檜はヒノキ科の常緑針葉高木。平安時代から使われてきた伝統色名で『源氏物語』にも記述がある。かさね色目いろめの名でもあり、表がみを帯びた蘇芳、裏はあいの色など。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

桧皮色の関連キーワード平安時代ヒノキ科染色黒み樹皮

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android