コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅泉野録 ばいせんやろく

世界大百科事典 第2版の解説

ばいせんやろく【梅泉野録】

朝鮮,李朝末期の学者黄玹(こうげん)(1855‐1910)の編んだ野史。梅泉は黄玹の号。1864年の大院君政権時代の開始から1910年の日韓併合までの記録をおさめている。内政・外交上の重要事件,大院君政権・閔氏政権の実態,科挙の不正と売官,民衆運動・民族運動,地方官の腐敗と暴政,文化・風俗など内容はきわめて豊富である。黄玹は日韓併合に痛憤,服毒自殺した。翌年門人らによって《梅泉集》が刊行され,解放後の55年に韓国国史編纂委員会が《梅泉野録》の活字本を刊行し,朝鮮近代史研究の基本史料として用いられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android