コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅泉野録 ばいせんやろく

1件 の用語解説(梅泉野録の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ばいせんやろく【梅泉野録】

朝鮮,李朝末期の学者黄玹(こうげん)(1855‐1910)の編んだ野史。梅泉は黄玹の号。1864年の大院君政権時代の開始から1910年の日韓併合までの記録をおさめている。内政・外交上の重要事件,大院君政権・閔氏政権の実態,科挙の不正と売官,民衆運動・民族運動,地方官の腐敗と暴政,文化・風俗など内容はきわめて豊富である。黄玹は日韓併合に痛憤,服毒自殺した。翌年門人らによって《梅泉集》が刊行され,解放後の55年に韓国国史編纂委員会が《梅泉野録》の活字本を刊行し,朝鮮近代史研究の基本史料として用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

梅泉野録の関連キーワード南江宗玩一進会韓国事大党李朝実録抗言開化派木村養元甲賀通玄光玄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone