棋王戦(読み)きおうせん

  • きおうせん〔キワウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

将棋タイトル戦の1つで,1974年に創設され,翌年タイトル戦に昇格した。2敗者失格方式によるトーナメント戦で挑戦者を決定し,タイトル保持者と5番勝負を争う。棋譜は,共同通信社を経て地方各紙に掲載されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

棋王戦の関連情報