コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棋王戦 きおうせん

2件 の用語解説(棋王戦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

棋王戦
きおうせん

将棋タイトル戦の1つで,1974年に創設され,翌年タイトル戦に昇格した。2敗者失格方式によるトーナメント戦で挑戦者を決定し,タイトル保持者と5番勝負を争う。棋譜は,共同通信社を経て地方各紙に掲載されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きおう‐せん〔キワウ‐〕【棋王戦】

将棋の七大タイトル戦の一。昭和35年(1960)創設。五番勝負で行われ、勝者は棋王のタイトルを手にする。連続して5期以上にわたりタイトルを保持した棋士には永世棋王を名乗る資格が与えられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

棋王戦の関連キーワード王将戦棋聖戦王座戦タイトル戦王位棋聖碁聖棋王十段七大タイトル戦

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

棋王戦の関連情報