コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棒渦巻銀河 ぼううずまきぎんがbarred spiral galaxy

3件 の用語解説(棒渦巻銀河の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

棒渦巻銀河

渦巻銀河」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

百科事典マイペディアの解説

棒渦巻銀河【ぼううずまきぎんが】

銀河の形態による分類の一つ。銀河の中央にある楕円体状の部分が細長く棒状に近い構造になっており,その両端から渦巻状の腕が伸びているもの。棒状の度合いには様々なものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の棒渦巻銀河の言及

【銀河】より


[分類]
 銀河の分類は,1926年にハッブルによって提唱された形態分類が基本となっているが,銀河の明るさの中央集中度に基づいたヤーキス分類などもある。ハッブルの分類ではその見かけの形によって,楕円銀河(E),渦巻銀河(S),棒渦巻銀河(SB),不規則銀河(Ir)に大別される。楕円銀河は滑らかな輝度分布をもち,際だった内部構造を示さない。…

※「棒渦巻銀河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone