コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棚障害 たなしょうがい Derangement of Knee Joint

1件 の用語解説(棚障害の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

たなしょうがい【棚障害 Derangement of Knee Joint】

[どんな病気か]
 関節の中のひだや索状(さくじょう)になった部分を棚(たな)と呼びます。
 これが厚くなって関節を動かすときに引っかかり、痛みを生じるのが棚障害です。
[症状]
 膝の屈伸時に引っかかりを感じたり、パキンという弾撥音(だんぱつおん)が出ます。
 触れてみると、膝蓋骨(しつがいこつ)の内側に圧痛(あっつう)を感じ、索状のものを触れます。
[治療]
 関節造影、MRI、関節鏡検査などを行ない、保存的に治療します。
 また、痛みが強く、くり返される場合は、棚の切除術が行なわれます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

棚障害の関連キーワード関節強直関節鼠関節腔何心地風毒不死身プリマドンナ球節炎 (osselet)腕関節炎 (carpitis)飛節軟腫 (bog spavin, tarsal hydrarthrosis, thoroughpin)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone