コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関節造影 かんせつぞうえい arthrography

1件 の用語解説(関節造影の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんせつぞうえい【関節造影 arthrography】

普通のX線写真では撮影できない関節内を写し出すための技術。主として検査の対象となるのは,関節軟骨,半月板軟骨,靱帯,滑膜,軟骨性の遊離体,軟部組織腫瘍などである。これらの組織を写し出すためには,X線の透過率の高い空気や窒素ガスなど(陰性造影剤)を関節腔内に注入して両者間にコントラスト生み出す方法と,逆に透過率の低い液体(陽性造影剤)を注入する方法とがある。また陰性と陽性の造影剤を同時に注入して,さらによいコントラストを得る方法(二重造影法)もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

関節造影の関連キーワードマクロ撮影X線写真関節鼠紫外線写真CTスキャン赤外線写真水中カメラ写真判定間接撮影法単純性股関節炎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone