棠樾牌坊群(読み)とうえつはいほうぐん

世界の観光地名がわかる事典「棠樾牌坊群」の解説

とうえつはいほうぐん【棠樾牌坊群】

中国の安徽(あんき)省黄山(こうざん)にある、7つの鳥居形の門(牌坊)。封建時代朝廷の有名な役人や大臣、貞女を表彰して記念するために、県城の西6kmにある棠樾村に建てられた。いずれも明~清時代の建造である。◇黄山歙県は2000年以上の歴史のある町の一つで、古代中国で有名だった安徽商人が集まって居住し、棠樾牌坊(鳥居)群や許国石坊など、当時の面影を残す数多くの文物旧跡が残っている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android