文物(読み)ぶんぶつ

精選版 日本国語大辞典「文物」の解説

ぶん‐ぶつ【文物】

〘名〙 一国の文化所産であるもの。宗教、芸術、学問、法律などすべて化に関するもの。
※空華集(1359‐68頃)六・次韻留別撲素中「百年文物老、千里客愁多」
※学問のすゝめ(1872‐76)〈福沢諭吉〉一二「印度の国体旧ならざるに非ず、其文物の開けたるは」 〔春秋左伝‐桓公二年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「文物」の解説

ぶん‐ぶつ【文物】

文化の産物。学問・芸術・宗教・法律・制度など、文化に関するもの。「奈良時代の文物
[類語]文明文化文華人文人知文運開化シビリゼーション文化財文化遺産世界遺産

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「文物」の解説

【文物】ぶんぶつ

文化を示すもの。礼楽制度。唐・杜牧〔宣州開元寺水閣に題す~〕 六物、なる 天澹(あは)く雲閑(しづ)かにして今同じ

字通「文」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android