コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧跡/旧蹟 キュウセキ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐せき〔キウ‐〕【旧跡/旧×蹟】

歴史上の事件や事物のあった場所。旧址(きゅうし)。「名所―」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旧跡/旧蹟の関連キーワード京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町兵庫県神戸市兵庫区雪御所町埼玉県東松山市高坂埼玉県秩父市下吉田埼玉県深谷市岡部埼玉県所沢市山口東海道名所記クエルナバカ古跡・古蹟名跡・名蹟ガイド番組新編鎌倉志常陸太田トビリシ雲谷等顔紫の一本旅行案内藤島神社関の藤川キエフ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android