コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森万紀子 もり まきこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森万紀子 もり-まきこ

1934-1992 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和9年12月19日生まれ。40年「単独者」が文学界新人賞佳作,芥川賞候補となる。「距離」「密約」「黄色い娼婦」と,現代女性の空虚な生をえがき,55年「雪女」で泉鏡花文学賞。平成4年11月17日死去。57歳。山形県出身。酒田東高卒。本名は松浦栄子。作品はほかに「囚われ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

森万紀子の関連キーワード清水宏島津保次郎[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門クラーク(Larry Clark)近藤芳美ドイツ統一スペースシャトル飛行記録伊藤大輔村田実

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android