コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森万紀子 もり まきこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森万紀子 もり-まきこ

1934-1992 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和9年12月19日生まれ。40年「単独者」が文学界新人賞佳作,芥川賞候補となる。「距離」「密約」「黄色い娼婦」と,現代女性の空虚な生をえがき,55年「雪女」で泉鏡花文学賞。平成4年11月17日死去。57歳。山形県出身。酒田東高卒。本名は松浦栄子。作品はほかに「囚われ」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

森万紀子の関連キーワードドイツ統一自衛隊ユーゴ紛争尾崎 豊テンプル日本製鉄動物保護インド映画大石まどか中原丈雄