泉鏡花文学賞

デジタル大辞泉プラス「泉鏡花文学賞」の解説

泉鏡花文学賞

日本の文学賞のひとつ。石川県金沢市が、地元出身の作家泉鏡花の生誕100年を記念して、1973年に創設。毎年8月1日を基準日とし、前年度単行本として刊行された優れた文芸作品を表彰する。ジャンル不問だが、泉鏡花の作品に通じる「ロマンの薫り高い作品」を対象とする。地方自治体主催の文学賞の草分け的存在

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「泉鏡花文学賞」の解説

いずみきょうか‐ぶんがくしょう〔いづみキヤウクワブンガクシヤウ〕【泉鏡花文学賞】

文学賞の一。昭和48年(1973)に泉鏡花の生誕100周年を記念して創設された。生誕地である石川県金沢市が主催する。単行本を対象とし、浪漫的で優れた作品に贈られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android