泉鏡花文学賞

デジタル大辞泉プラス「泉鏡花文学賞」の解説

泉鏡花文学賞

日本の文学賞のひとつ。石川県金沢市が、地元出身の作家泉鏡花の生誕100年を記念して、1973年に創設。毎年8月1日を基準日とし、前年度単行本として刊行された優れた文芸作品を表彰する。ジャンル不問だが、泉鏡花の作品に通じる「ロマンの薫り高い作品」を対象とする。地方自治体主催の文学賞の草分け的存在

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「泉鏡花文学賞」の解説

いずみきょうか‐ぶんがくしょう〔いづみキヤウクワブンガクシヤウ〕【泉鏡花文学賞】

文学賞の一。昭和48年(1973)に泉鏡花の生誕100周年を記念して創設された。生誕地である石川県金沢市が主催する。単行本を対象とし、浪漫的で優れた作品に贈られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android