コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森健一 もりけんいち

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

森健一

東芝でかな漢字変換の実用化をめざし、1978年9月6日、日本初のワードプロセッサーJW-10を開発する。JW-10の当時の価格は630万円。現在の日本語ワードプロセッサーの源流を作った。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森健一 もり-けんいち

1938- 昭和後期-平成時代の情報工学者。
昭和13年9月28日生まれ。昭和37年東芝にはいり,情報システム研究所長,情報機器事業本部技師長などをへて常務。平成11年東芝テック社長。カナ漢字変換方式をつくり,昭和53年日本語ワープロを開発し第1号機を製作した。平成18年文化功労者。16年より東京理大教授。東京出身。東大卒。著作に「日本語ワープロの誕生」(共著)など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

森健一の関連情報