コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珪藻土 ケイソウド

7件 の用語解説(珪藻土の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けいそう‐ど〔ケイサウ‐〕【×珪藻土】

珪藻の遺体が海底や湖沼の底などに沈殿してできた堆積物(たいせきぶつ)。主成分二酸化珪素。純粋なものは白色、ふつうは淡黄色で、多孔質。断熱材・保温材・吸着剤・研磨剤・濾過(ろか)剤やダイナマイト製造などにも使用。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

リフォーム用語集の解説

珪藻土

藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物(堆積岩)で、ダイアトマイトともいう。珪藻の殻は二酸化ケイ素で出来ており、珪藻土もこれを主成分とする。壁材料に使うことにより、素材の特長である多孔性から、有害物質を吸着したり、湿度調整機能を持ち、部屋の空気を快適に保つ人に優しい素材として使用されている。

出典|リフォーム ホームプロ
リフォーム用語集について | 情報

岩石学辞典の解説

珪藻土

diatomaceous earth: 珪藻の殻でできた,明色の柔らかく砕けやすい多孔質の珪酸質堆積物.海綿の針状骨片,放散虫の骨格,粘土鉱物,シリカ砂,アルカリ土類などが不純物として存在する[Hatch, et al. : 1938, Pettijohn : 1975].インフゾリオライト(infusoriolite)[Senft : 1857], 滴虫土(infusorial earth)[Hatch, et al. : 1938], マウンテン・ミールmountan meal)[Tarr : 1938].
diatomite: 珪藻土質土壌.また緻密でチャートに似た石化した珪藻に富む堆積物[Hatch, et al. : 1938, Pettijohn : 1975].珪藻が局部的に濃集したもの.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

珪藻土

 単細胞藻類の遺骸が堆積したもので,シリカの微細な個体.物質の吸着能があり,また耐火などの特性があるので,ろ(濾)過助剤,吸着剤などに用いる.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

けいそうど【珪藻土】

ケイ藻の遺体に粘土などがまじった海底や湖底などの堆積物。多孔質のチョーク状で白または灰黄色。保温剤・濾過ろか剤・吸着剤などに使われる。石川県能登半島などに産する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

けいそうど【珪藻土】

珪藻(植物プランクトンの一種)の遺骸が海底や湖沼の底などに沈殿して化石化した泥土。主成分は二酸化珪素。純粋なものは白色、一般的には黄灰色。多孔質構造のため、吸湿剤・保温剤・断熱剤・濾過(ろか)剤などに用いる。壁材にも適し、ホルムアルデヒドなども吸着するのでシックハウス症候群を抑えるともいわれる。廃棄の際は自然の土に還るため、自然環境への負荷が少ない建材とされる。

出典|講談社
家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

珪藻土
けいそうど

単細胞藻類である珪藻の遺骸(いがい)からなる珪質の堆積(たいせき)物で、珪藻土の本質は含水非晶質二酸化ケイ素である。純粋なものは白色であるが一般には黄灰色を呈し、多孔質で軽く、顕微鏡で見るとたくさんの穴がある。普通は粘土、火山灰、有機物などの夾雑(きょうざつ)物が混じっている。海成層、湖成層のいずれからも産出するが、おもなものは新生代古第三紀~新第三紀以降のものである。日本では主として日本海地区油田地帯の新第三紀海成層、中部地方以西に散在する湖成層に産出する。世界的にはアメリカのカリフォルニア州、ドイツの泥炭地域などに産出する。珪藻土はたくさんの小穴が開いているので、濾過(ろか)助剤としてよく用いられる。また水分を大量に保持するので、乾燥地の土壌改良材として、その他、保湿性と耐火性から建材として用いられている。[小山雄生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

珪藻土の関連情報