コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森崎保佑 もりさき ほゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森崎保佑 もりさき-ほゆう

?-? 江戸時代後期の医師。
上総(かずさ)(千葉県)周准(すえ)郡の大牧周西にまなんだ女性産科医。文政9年(1826)師の遺稿「産科指南」を刊行した。巻末に付録として,早産防止法など自身の療法も記述している。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

森崎保佑

生年:生没年不詳
江戸後期の女性産科医。保祐とも記す。上総国周准郡(千葉県)の産科医大牧周西(1784~1824)の弟子。周西の遺稿『産科指南』上下2巻を,周西の自序(1823)を付して出版(1826)し,末尾の付録に,保佑自身の実験に基づく流・早産防止法,骨盤位,横位の頭位への矯正法,産褥血腫の治療法を記載した。多紀元堅の序によると,保佑は師の学を継ぎ,その技をもって都下に行くとあるから,江戸も活躍の場であったらしい。学と術とに優れ,師恩に報いるため,容易でない出版を成し遂げた。息子の玄道,娘の佑好,佑整も母の業を継いだ。

(石原力)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

森崎保佑の関連キーワード女医

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android