上総(読み)かずさ

精選版 日本国語大辞典 「上総」の意味・読み・例文・類語

かずさ かづさ【上総】

[1] (「かみつふさ(上総)」が「かむづうさ」となり、さらに変化した語) 東海道一五か国の一国。現在の千葉県中部にあたる。大化改新で総(ふさ)国が上総、下総の二国に分かれて成立。国府国分寺市原に置かれた。上代は東北経営の根拠地。鎌倉時代は千葉、足利などの諸氏守護となり、室町・戦国時代には上杉里見、北条氏が支配。江戸時代には小藩が分立した。
[2] (髪結い先祖は里見家の浪人で、上総、安房地方から出たとして) 「かみゆい(髪結)」の異称
※雑俳・川柳評万句合‐安永四(1775)鶴四「ひるかづさ夜はゑちせんまわるなり」

かみつふさ【上総】

万葉(8C後)九・一七三八・題詞「詠上総末珠名娘子一首」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「上総」の意味・読み・例文・類語

かみつふさ【上総】

上総かずさの古称。

かずさ〔かづさ〕【上総】

旧国名の一。現在の千葉県中部にあたる。かみつふさ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「上総」の意味・わかりやすい解説

上総【かずさ】

千葉県君津市の一地区。君津郡の旧町で,小櫃(おびつ)川上流丘陵地を占める。中心旧久留里(くるり)町地区は近世城下町市場町で,地方商業の一中心。米,木材を産し,特産唐箕(とうみ),ようじがある。久留里線が通じる。
→関連項目鑿井日親

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「上総」の解説

上総 かずさ

堀河院中宮上総(ほりかわいんちゅうぐうの-かずさ)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android