コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森末義彰 もりすえ よしあき

1件 の用語解説(森末義彰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森末義彰 もりすえ-よしあき

1904-1977 昭和時代の日本史学者。
明治37年4月3日生まれ。昭和29年東大史料編纂所教授,37年所長。のち白百合女子大教授。「国書総目録編集委員ひとり。昭和52年12月17日死去。73歳。香川県出身。東京帝大卒。著作に「中世の社寺と芸術」「中世芸能史論考」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の森末義彰の言及

【散所】より

…これらを受けて,19年には歴史学者の喜田貞吉が雑誌《民族と歴史》に〈特殊部落研究号〉を編み,みずから研究成果を発表して,歴史的探究に先鞭をつけた。ついで昭和期に入り,39年には森末義彰が《散所考》を発表し,これによって本格的な研究が軌道にのった。森末の研究は,中世における散所の存在形態を明らかにするのを主眼とし,関係の史料の博捜と,考証の厳密さとにおいて比類なかったが,散所そのものの定義としては,〈一定の居所なく随所に居住せる浮浪生活者を指す〉とするにとどまり,さらに厳密な定義は,のちの研究の進展にまたねばならなかった。…

※「森末義彰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

森末義彰の関連キーワード石田一良上横手雅敬栗田元次高橋富雄高柳光寿田村吉永丸山二郎竜粛和歌森太郎渡辺世祐

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone