コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森末義彰 もりすえ よしあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森末義彰 もりすえ-よしあき

1904-1977 昭和時代の日本史学者。
明治37年4月3日生まれ。昭和29年東大史料編纂所教授,37年所長。のち白百合女子大教授。「国書総目録編集委員のひとり。昭和52年12月17日死去。73歳。香川県出身。東京帝大卒。著作に「中世の社寺と芸術」「中世芸能史論考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の森末義彰の言及

【散所】より

…これらを受けて,19年には歴史学者の喜田貞吉が雑誌《民族と歴史》に〈特殊部落研究号〉を編み,みずから研究成果を発表して,歴史的探究に先鞭をつけた。ついで昭和期に入り,39年には森末義彰が《散所考》を発表し,これによって本格的な研究が軌道にのった。森末の研究は,中世における散所の存在形態を明らかにするのを主眼とし,関係の史料の博捜と,考証の厳密さとにおいて比類なかったが,散所そのものの定義としては,〈一定の居所なく随所に居住せる浮浪生活者を指す〉とするにとどまり,さらに厳密な定義は,のちの研究の進展にまたねばならなかった。…

※「森末義彰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

森末義彰の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android