コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林レクリエーション施設

1件 の用語解説(森林レクリエーション施設の意味・用語解説を検索)

林業関連用語の解説

森林レクリエーション施設

国民の保健・文化・教育に広く利用されることを目的とした施設であり、山林の地形や樹木の存在を活かし、森林と施設が一体的なものとして利用されており、森林計画の対象森林の中に存在、若しくはその森林を活用した施設をいう。
森林公園キャンプ場のほか、スキー場、野鳥観察施設、木工体験施設、炭焼き体験施設、フィールドアスレチック場、オリエンテーリングコース、ピクニック広場等も含める。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森林レクリエーション施設の関連キーワード義務教育酸化チタン自然公園パルス文教ウンヌペチャレクリエーションの森レクリエーション森林

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone