森林計画

世界大百科事典 第2版の解説

しんりんけいかく【森林計画】

森林法(1951公布)にもとづき,農林水産大臣および都道府県知事森林を自然的災害および火事,汚染や開発などの社会的災害から守り,その機能を発揮させるために国家的見地から定める計画をいう。こうした計画ができた背景には,〈林業計画の編成とその遂行の責任は中央政府が負わなければならない〉という1950年のGHQ〈森林組合改組に関するステートメント〉(〈森林組合〉の項参照)の考え方がある。現行の森林計画は全国森林計画(林業基本法にもとづき政府が作成する森林資源に関する基本計画および林産物需給の長期見通しをもとに,農水大臣がたてる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

森林計画の関連情報