コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林以外の草生地(野草地)

1件 の用語解説(森林以外の草生地(野草地)の意味・用語解説を検索)

林業関連用語の解説

森林以外の草生地(野草地)

森林以外の土地で野草、かん木類が繁茂している土地をいう。
林野庁所管分には、貸地の採草放牧地を含む。
イ 林野庁以外の官庁にあっては、森林以外の土地のうち、現況が草生地(野草地)の面積をいう。財務省所管の国有地のうち未開発地や自衛隊演習地もここに含める。
ウ 民有林は、森林以外の土地のうち、現況が野草地(永年牧草地、退化牧草地、耕作放棄した土地で野草地化した土地を含む。)である面積をいう。
河川敷、けい畔、ていとう(堤塘)、道路敷、ゴルフ場等は草生していても含めない。

出典|農林水産省
林業関連用語について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone