コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林以外の草生地(野草地)

1件 の用語解説(森林以外の草生地(野草地)の意味・用語解説を検索)

林業関連用語の解説

森林以外の草生地(野草地)

森林以外の土地で野草、かん木類が繁茂している土地をいう。
林野庁所管分には、貸地の採草放牧地を含む。
イ 林野庁以外の官庁にあっては、森林以外の土地のうち、現況が草生地(野草地)の面積をいう。財務省所管の国有地のうち未開発地や自衛隊演習地もここに含める。
ウ 民有林は、森林以外の土地のうち、現況が野草地(永年牧草地、退化牧草地、耕作放棄した土地で野草地化した土地を含む。)である面積をいう。
河川敷、けい畔、ていとう(堤塘)、道路敷、ゴルフ場等は草生していても含めない。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

森林以外の草生地(野草地)の関連キーワード浅場樹海天然林茂し林野地染未立木地(みりゅうぼくち)林野庁が所管する国有林野森林計画に含まれていない森林面積林野面積

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone