野草(読み)のぐさ

精選版 日本国語大辞典の解説

の‐ぐさ【野草】

〘名〙
① 野原に生えている草。野生の草木。
※清慎公集(970頃)「ほの結ぶ野草隠れの花薄とけでや秋も過むとすらむ」
② カヤツリグサ科の一年草。千葉県以西の本州・四国・九州の臨海の日当たりの良い湿地に生える。稈は細く多数叢生して高さ二〇~四〇センチメートル。葉は狭線形で基部はさやとなって茎を包む。夏、茎の上部の葉腋に紫褐色の小穂をつける。ひげくさ。

や‐そう ‥サウ【野草】

〘名〙 山野に自生する草本。野の草。
※菅家文草(900頃)三・新月二十韻「属思江舟棹、宜瞻野草廬」
※海道記(1223頃)豊河より橋本「日は野草の露より出て、若木の枝に昇らず」 〔管子‐侈靡〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野草
やそう
wild grass

原野,山林に自然に生えている草本類。路傍耕地庭園など人為的に植生がこわされたところにのみ生存する雑草と区別していう。元来はその土地に土着のものをさすべきであるが,帰化植物である場合もある。雑草的環境に移植してもほとんど不成功に終ることが多い。特に花に鑑賞価値を認めるものは野生草花 wild flowerという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android