コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国有地 コクユウチ

デジタル大辞泉の解説

こくゆう‐ち〔コクイウ‐〕【国有地】

国の所有となっている土地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こくゆうち【国有地】

国の所有権の認められる土地。国有地の観念は,土地について所有権が認められることのほか,国も土地所有権の主体となりうることを前提として成り立つ。日本における土地の所有権の制度は,1872年(明治5)の太政官布告50号によって確立した。を土地所有権の主体とする法的構成については,73年の太政官布告〈地所名称区別〉が官有地の観念を用い,90年には〈官有地取扱規則〉が定められたが,これと同時に定められた〈官有財産管理規則〉は〈国ノ所有ニ属スル〉土地等を官有財産とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こくゆうち【国有地】

国家が所有する土地。 → 公有地

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国有地の関連キーワードオーストラリアン・キャピタル・テリトリーノース・カロライナ州立大学森林以外の草生地(野草地)森友学園の小学校などの問題指定空港機能施設事業者国家公務員宿舎朝霞住宅ニコライ ドルジーニン指定廃棄物の最終処分場地下水ボーリング調査森友学園をめぐる疑惑コモドロ・リバダビアモンテクリスト[島]ラティフンディウム米軍キャンプ富士東洋拓殖株式会社官民有地区分事業ホームステッド法国有地信託制度国立自然教育園パーデュー大学

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国有地の関連情報