森野泰明(読み)もりの たいめい

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「森野泰明」の解説

森野泰明 もりの-たいめい

1934- 昭和後期-平成時代の陶芸家。
昭和9年2月8日生まれ。京焼きの森野嘉光の子。昭和32年日展初入選。44年日展会員。58年日本新工芸展で文部大臣賞。平成8年京都府文化賞功労賞。19年扁壺「大地」で芸術院賞。日展理事,日工会常務理事などをつとめる。22年芸術院会員。27年京都府文化賞特別功労賞。京都府出身。京都市立美大(現・京都市立芸大)卒。本名泰明(ひろあき)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android