森野泰明(読み)もりの たいめい

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「森野泰明」の解説

森野泰明 もりの-たいめい

1934- 昭和後期-平成時代の陶芸家。
昭和9年2月8日生まれ。京焼きの森野嘉光の子。昭和32年日展初入選。44年日展会員。58年日本新工芸展で文部大臣賞。平成8年京都府文化賞功労賞。19年扁壺「大地」で芸術院賞。日展理事,日工会常務理事などをつとめる。22年芸術院会員。27年京都府文化賞特別功労賞。京都府出身。京都市立美大(現・京都市立芸大)卒。本名泰明(ひろあき)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android