コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊丹万作 いたみまんさく

8件 の用語解説(伊丹万作の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊丹万作
いたみまんさく

[生]1900.1.2. 松山
[没]1946.9.21.
映画監督。本名池内義豊。松山中学卒業。 1927年日活京都撮影所に入社,最初はシナリオを書いていたが翌年片岡千恵蔵プロに転じ,処女作『仇討流転』 (1928) を発表。以後『国士無双』 (32) ,『刺青奇偶 (いれずみちょうはん) 』 (33) ,『武道大鑑』 (34) ,『忠次売出す』 (35) ,『赤西蠣太』 (36) などの作品を生んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

伊丹万作

映画「無法松の一生」の脚本、志賀直哉の原作を映画化した「赤西蠣(かき)太」の監督で知られる。俳優、映画監督として活躍した伊丹十三(1933~97)の父。

(2015-11-12 朝日新聞 朝刊 三重全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いたみ‐まんさく【伊丹万作】

[1900~1946]映画監督・脚本家。愛媛の生まれ。皮肉と諧謔(かいぎゃく)に富んだ作風で、時代劇に近代的感覚をもたらした。代表作は「国士無双」「赤西蠣太」など。脚本に「無法松の一生」。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

伊丹万作【いたみまんさく】

映画監督。本名池内義豊。松山市に生まれ,松山中学卒。中学時代からの友人伊藤大輔のすすめでシナリオを書き,1928年より片岡千恵蔵プロダクションで監督,脚本家として活躍。
→関連項目稲垣浩長門裕之

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊丹万作 いたみ-まんさく

1900-1946 昭和時代の映画監督,脚本家。
明治33年1月2日生まれ。伊丹十三の父。昭和2年日活に入社。翌年片岡千恵蔵プロに転じ「仇討流転」で初監督。「国士無双」「忠次売出す」「赤西蠣太(かきた)」などを手がける。のち稲垣浩監督の「無法松の一生」などの脚本をかいた。昭和21年9月21日死去。47歳。愛媛県出身。松山中学卒。本名は池内義豊。
【格言など】病臥九年更に一夏を耐へんとす(辞世)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いたみまんさく【伊丹万作】

1900‐46(明治33‐昭和21)
映画監督。〈髷をつけた現代劇〉を提唱した稲垣浩とともに,サイレント末期からトーキー初期にかけて〈千恵蔵映画〉(片岡千恵蔵主演のコミカル味わいをもった現代語セリフの時代劇)を世に送って〈時代劇〉に新生面を開いた。10年間に22本の映画を撮ったが,すべて自作のシナリオによる。〈日本のルネ・クレール〉などと呼ばれたその〈知性の映像〉,内面のペシミズムとうらはらの軽妙洒脱(しやだつ)な語り口は,彼の映画のプリントとして現存している3本のうちの1本(しかも前半のほぼ1巻分が欠けているといわれる)《赤西蠣太》(1936)と《伊丹万作全集》第3巻所収の〈映画シナリオ集〉にわずかに片鱗がうかがえるのみで,名作といわれる《国士無双》(1932)もトーキー第1作の《忠次売出す》(1935)も現存していない(《赤西蠣太》のほかに現存するのは,戦国時代の経済破壊工作を描く奇抜なアイディア《気まぐれ冠者》(1935)と,ビクトル・ユゴーの《レ・ミゼラブル》(1862)を翻案した《巨人伝》(1938))。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いたみまんさく【伊丹万作】

1900~1946) 映画監督。愛媛県生まれ。本名、池内義豊。機智に富んだ時代劇「国士無双」「赤西蠣太かきた」などのほか、「無法松の一生」の脚本や病床の映画随筆で知られる。長男は俳優・映画監督の伊丹十三。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊丹万作
いたみまんさく
(1900―1946)

シナリオ作家、映画監督。本名池内義豊。明治33年1月2日愛媛県松山市生まれる。松山中学卒業。一時挿絵画家となったが、中学の同窓生伊藤大輔(だいすけ)の勧めで映画界に入る。1927年(昭和2)日活入社、翌年千恵蔵プロへ転じ、『仇討流転(あだうちるてん)』で監督となる。『国士無双』(1932)で時代劇に風刺的なファンタジーを導入、出世作となる。『武道大鑑』(1934)、『忠次売出す』『戦国奇譚(きたん) 気まぐれ冠者』(1935)、『赤西蠣太(あかにしかきた)』(1936)などでは、市民的な人道主義によって時代劇の武張った精神を諧謔(かいぎゃく)化した。こうした作風は1930年代においては知的で新鮮であり、時代劇革新の旗手とみなされた。1937年に日本・ドイツ合作映画『新しき土』を発表。翌年『巨人伝』監督後、闘病生活を余儀なくされる。以後『無法松の一生』や『手をつなぐ子等(ら)』のシナリオ執筆や映画論、社会批評など著述に専心した。昭和21年9月21日死去。映画監督であり、俳優の伊丹十三(じゅうぞう)はその長男である。[千葉伸夫]

資料 監督作品一覧

仇討流転(1928)
続万花地獄 第一篇(1928)
春風の彼方へ(1930)
源氏小僧出現(1930)
逃げ行く小伝次(1930)
御存知源氏小僧(1931)
金的力太郎(1931)
花火(1931)
国士無双(1932)
闇討渡世(1932)
研辰(とぎたつ)の討たれ(1932)
刺青(いれずみ)奇偶(1933)
渡鳥木曾土産(1934)
武道大鑑(1934)
忠臣蔵 刃傷篇・復讐(ふくしゅう)篇(1934)
忠次売出す(1935)
戦国奇譚 気まぐれ冠者(1935)
赤西蠣太(1936)
新しき土(1937)
故郷(1937)
権三(ごんざ)と助十(すけじゅう)(1937)
巨人伝(1938)
『『伊丹万作全集』全3巻(1961・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の伊丹万作の言及

【赤西蠣太】より

片岡千恵蔵主演,伊丹万作監督による1936年製作の異色時代劇。千恵蔵プロ作品。…

【片岡千恵蔵】より

…その後,直木三十五から牧野省三に紹介され,27年,マキノ・プロに入社,片岡千恵蔵の名のもとに連続時代劇《万花地獄》で本格的に映画界へデビュー,時代劇スターとして脚光を浴びるが,28年,マキノを退社,片岡千恵蔵プロダクション(千恵プロ)を発足させた。最初の作品《天下太平記》は,脚本伊丹万作,監督稲垣浩で,ともに伊藤大輔から紹介された無名の新人である。当時,悲壮美をうたった時代劇が多い中,活気あふるる明朗時代劇として輝き,29年,千恵プロは京都嵯峨野にみずからのスタジオを設立,はなばなしい活躍期に入った。…

【国士無双】より

伊丹万作監督のサイレント映画の〈幻の名作〉で,フィルムは現存しない。1932年製作の片岡千恵蔵プロダクション(千恵プロ)作品。…

【無法松の一生】より

稲垣浩監督作品。原作は岩下俊作の《富島松五郎伝》(1939)で,脚本は伊丹万作。明治から大正にかけての九州小倉を舞台にして,無鉄砲さのために〈無法松〉と呼ばれた人力車夫松五郎(阪東妻三郎)が,ふとした縁で知りあった軍人の未亡人とその息子に一生をささげる純愛・献身の物語であるが,伊丹万作は当時の時勢のなかで〈最上の題材〉ではないと意識しながらも,人間の素朴な美しさや悲しさ以上に,極度に抑圧された恋愛を描いた小説であると読みとって脚色,日本映画の名作シナリオの1本に数えられている。…

※「伊丹万作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

伊丹万作の関連キーワードイタリア映画新日本文学戦争放棄窪田静太郎国語教育国語問題冒険小説内田巌カストリ雑誌北朝鮮

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊丹万作の関連情報