コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植物プランクトン ショクブツプランクトン

大辞林 第三版の解説

しょくぶつプランクトン【植物プランクトン】

プランクトンのうち、クロロフィルをもち、独立栄養を営むもの。多くの単細胞藻類など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

植物プランクトン
しょくぶつぷらんくとん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の植物プランクトンの言及

【海】より

…もちろん,この二つ以上の範疇に入るものや,中間的なものも多い。 海洋の生物は,例えば海水中では,サメ,クジラなどの大型の動物が,小型の魚類(イワシ,サンマ,イカなど)を食べ,小型魚類などは,橈脚類copepodaなどの動物プランクトンを食べ,動物プランクトンは植物プランクトンや,生物の死骸が分解する途中にできる生物残査(デトリタスdetritus)を食べるというように,高次消費者―二次消費者―一次消費者―生産者という食物連鎖関係で結び合った生物群集を構成している。海の基礎生産は,植物プランクトンと,海藻および顕花植物の海草の光合成によっている。…

【湖沼】より

…これは直径約30cmの白色円板(考案者の名を用いセッキ円板ともいう)を水中に下げていき,水上から肉眼で円板が見えなくなる限界の深さで示す。透明度は,水中の懸濁物の濃度と逆双曲線的な量関係にあるので,山地の湖は一般に透明度が大きく,植物プランクトン量の多い平野の湖で透明度は小さい。摩周湖はかつては世界で最も透明度の大きい湖(1931年に41.6mを記録)であったが,近年は20~30mに下がった。…

【藻類】より

…基物について生育するものを底生藻または着生藻といい,漂って生育するものを浮遊藻という。浮遊藻はふつう植物プランクトンと呼ばれる。
[分類]
 藻類の分類には,最も重要な物質代謝である光合成に関する特徴が,第1の基準となっている。…

※「植物プランクトン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

植物プランクトンの関連キーワードアムール・オホーツクプロジェクト珪藻赤潮(けいそうあか しお)ニールセン ステーマンナンキョクオキアミヒガシナメクジウオホウキムシ(箒虫)ナータンゾーン理論東京湾の貧酸素化森は海の恋人運動水質浄化植物クロロフィルケイ(珪)藻マリンスノートヘロアガイ粒状有機物腐植栄養湖まひ性貝毒栄養塩濃度岡山の牡蠣生物ポンプ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

植物プランクトンの関連情報