コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独立栄養 どくりつえいよう autotrophy

5件 の用語解説(独立栄養の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

独立栄養
どくりつえいよう
autotrophy

自律栄養,自主栄養ともいう。従属栄養,他律栄養に対する語。無機化合物のみを素材として,有機化合物を自力で合成して生活できる栄養の摂取法をさす。この方法で生きる生物を独立栄養生物 autotrophという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どくりつ‐えいよう〔‐エイヤウ〕【独立栄養】

生存に必要なすべての有機物を、炭酸ガス・水などの無機物から合成できる栄養形式緑色植物のほか、一部の細菌にもみられる。無機栄養。自主栄養。自養。⇔従属栄養

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

独立栄養【どくりつえいよう】

自主栄養ともいい,従属栄養の対。栄養素として無機化合物を摂取し,それらを原料として体内で必要な有機化合物を独力で合成していく植物的な栄養様式。二酸化炭素と水とから糖を光合成する緑色植物はその典型。
→関連項目細菌食物連鎖

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

どくりつえいよう【独立栄養】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

独立栄養
どくりつえいよう

栄養素として有機化合物を必要とせず、無機物だけを用い、これを同化して、生物自体の体を構成する有機物を合成して生活活動を営む栄養形式をいう。従属栄養に対する語で、自養、無機栄養ともいう。光のエネルギーを用いて、二酸化炭素を有機化合物に変える緑色植物などの光合成生物や、無機物の酸化の際に放出されるエネルギーを用いて、炭酸同化を行う化学合成生物などがこれに属する。ヤドリギのような半寄生植物は、独立栄養と従属栄養をあわせて行うが、これを混合栄養という。独立栄養生物によってつくられる有機物が従属栄養生物の栄養源として用いられるため、地球上の生命は独立栄養生物によって維持されているといえる。[吉田精一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の独立栄養の言及

【栄養】より

…緑色植物はクロロフィル(葉緑素)のはたらきで,太陽光線のエネルギーによって二酸化炭素と水から炭水化物であるブドウ糖を合成することができ(光合成),これが体内で分解するときに生じるエネルギーによって,根から吸収した窒素,硫黄,リン,カリウム,マグネシウムなどの無機化合物を材料として,タンパク質,核酸,その他あらゆる生体構成成分を合成する。このような栄養型を独立栄養(無機栄養,自栄養)という。これに対して動物の多くはきわめて限られた合成能力しかもたず,エネルギー源として炭水化物,脂肪,タンパク質などの高分子化合物を必要とするうえに,体を構成するタンパク質の材料である20余種のアミノ酸のうちの約10種(必須アミノ酸),補酵素などの構成成分として必要なビタミン類,不飽和脂肪酸なども要求し,それらのものを食物として摂食する必要がある。…

【代謝】より

…その一部を表に示した。(2)炭素源の違い 生物が大気中の二酸化炭素CO2を唯一の炭素源として利用し,生体内のすべての有機化合物の炭素骨格を二酸化炭素から合成することを独立栄養,あるいは自養autotrophと呼ぶ。これに対してグルコースなどの,より複雑な還元型の有機化合物を利用しなければならない場合を,従属栄養あるいは他養heterotrophと呼ぶ。…

【動物】より


【動物と植物】
 動物も植物もその体は,水,無機塩,炭水化物,脂肪,タンパク質からなるが,消耗した成分を補い,新しい組織をつくるなど,生活に必要なエネルギーを得るためには栄養分が必要である。緑色植物は栄養分としての炭水化物を,光のエネルギーを用いた炭酸同化(光合成)によって大気中の二酸化炭素と水からつくり出す能力をもっている(独立栄養)。これは葉緑体のなかで行う。…

※「独立栄養」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

独立栄養の関連キーワード従属栄養栄養バランス栄養生理学栄養摂取量栄養素含量栄養素欠乏完全静脈栄養従属栄養菌生物的有効栄養素微量栄養素

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone