コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検事局 ケンジキョク

2件 の用語解説(検事局の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けんじ‐きょく【検事局】

明治憲法下の裁判所構成法のもとで検事の配置されていた官署。各裁判所に付置されていた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けんじきょく【検事局】

戦前の裁判所構成法によって検事が配置されていた官署。現在の検察庁と異なり、各裁判所に付置されていた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の検事局の言及

【検察制度】より

…1890年には裁判所構成法が制定され,戦後に至るまで(1947廃止),裁判,検察制度の基本法としてその機能を果たしてきた。同法によれば,検事局が各裁判所に付置され,検事局に相応数の検事を置くものとされるが,検事は裁判所に対し独立であって,一人一人が独任制の官庁として,刑事事件について,公訴を提起し,必要な手続を行い,法律の正当な適用を請求し,判決の執行を監督し,民事事件についても,必要なときは通知を求め,意見を述べる権限,その他公益の代表者として法律上その職権に属する監督権限を持つものとされ,この時点で現在の検察制度の性格がほぼ確立された。 戦後,日本国憲法の制定に伴い,司法と行政との分離がより徹底され,司法大臣の監督下にあった裁判所が三権の一翼として独立し,検察と裁判が分離された。…

※「検事局」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

検事局の関連キーワード控訴院裁判所構成法弾劾裁判所明治憲法合議制裁判所市制司法機関主権者裁判所法若林健之助

検事局の関連情報