コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検事 けんじ

大辞林 第三版の解説

けんじ【検事】

検察官の職階の一。検事長の下、副検事の上。検察官の通称として用いられることもある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

検事
けんじ

検察官の官名の一種をいう(検察庁法3条)。検察官には級数による区別があり、検事は1級または2級とする(同法15条2項)。検事の職は法務大臣がこれを任命する(同法16条1項)。2級の検事の任命は、主として司法修習生の修習を終えた者についてこれを行い(同法18条1項)、1級の検察官の任命は、主として8年以上2級の検事の職にあった者についてこれを行う(同法19条1項)。また、3年以上副検事の職にあって特別考試に合格した者を2級の検事に任命することができ(同法18条3項)、これを特任検事とよんでいる。
 なお、旧刑事訴訟法では検察官のことを検事と称した。[内田一郎・田口守一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の検事の言及

【検察制度】より


[日本における検察制度の沿革]
 日本が近代的検察制度を導入したのは,フランス法継受期の1872年(明治5)である。同年に太政官が発布した司法職務定制により,検察官にあたるものとして検事が置かれ,刑事裁判の請求および立会いに従事するものとされた。当初は,検事が公訴権を独占しておらず,裁判所が職権で審理を開始する場合も認められていたが,数次の司法職務定制改正や検察制度の理解の深化に伴い,不告不理の原則が確立され,検事が刑事訴追を行う専門機関として認知されていく。…

※「検事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

検事の関連キーワード押収フロッピーディスク改ざん・犯人隠避事件アーチボルト コックスロマン ルデンコ検察官(法律)田中彰治(1)唐渡 房次郎河井 信太郎三木 猪太郎内田 司馬彦塩野 季彦木村 尚達野崎 啓造唐渡房次郎小山 松吉大野恒太郎竹内 寿平岸本 義広末次 梧郎司法官試補執行 軌正

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

検事の関連情報