検事(読み)けんじ

日本大百科全書(ニッポニカ)「検事」の解説

検事
けんじ

検察官官名の一種をいう(検察庁法3条)。検察官には級数による区別があり、検事は1級または2級とする(同法15条2項)。検事のは法務大臣がこれを任命する(同法16条1項)。2級の検事の任命は、主として司法修習生の修習を終えた者についてこれを行い(同法18条1項)、1級の検察官の任命は、主として8年以上2級の検事の職にあった者についてこれを行う(同法19条1項)。また、3年以上副検事の職にあって特別考試に合格した者を2級の検事に任命することができ(同法18条3項)、これを特任検事とよんでいる。

 なお、旧刑事訴訟法では検察官のことを検事と称した。

[内田一郎・田口守一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「検事」の解説

けん‐じ【検事】

〘名〙 検察官の官名の一種。検事総長から副検事まで五階級ある。検察官の大部分を占め、一、二級の別がある。また、検察官の総称にも用いる。
※太政官達第一四号‐明治七年(1874)一月二八日(法令全書)「検事職制章程」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「検事」の解説

検事
けんじ

旧刑事訴訟法のもとでは検察官全体の呼称であったが,現行法のもとでは,検察官の官名の一つで,各検察庁に配属され検察権を行使する職を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の検事の言及

【検察制度】より


[日本における検察制度の沿革]
 日本が近代的検察制度を導入したのは,フランス法継受期の1872年(明治5)である。同年に太政官が発布した司法職務定制により,検察官にあたるものとして検事が置かれ,刑事裁判の請求および立会いに従事するものとされた。当初は,検事が公訴権を独占しておらず,裁判所が職権で審理を開始する場合も認められていたが,数次の司法職務定制改正や検察制度の理解の深化に伴い,不告不理の原則が確立され,検事が刑事訴追を行う専門機関として認知されていく。…

※「検事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android