コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検事 けんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

検事
けんじ

旧刑事訴訟法のもとでは検察官全体の呼称であったが,現行法のもとでは,検察官の官名の一つで,各検察庁に配属され検察権を行使する職を行う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

検事【けんじ】

検察官

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

けんじ【検事】

検察官の職階の一。検事長の下、副検事の上。検察官の通称として用いられることもある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

検事
けんじ

検察官の官名の一種をいう(検察庁法3条)。検察官には級数による区別があり、検事は1級または2級とする(同法15条2項)。検事の職は法務大臣がこれを任命する(同法16条1項)。2級の検事の任命は、主として司法修習生の修習を終えた者についてこれを行い(同法18条1項)、1級の検察官の任命は、主として8年以上2級の検事の職にあった者についてこれを行う(同法19条1項)。また、3年以上副検事の職にあって特別考試に合格した者を2級の検事に任命することができ(同法18条3項)、これを特任検事とよんでいる。
 なお、旧刑事訴訟法では検察官のことを検事と称した。[内田一郎・田口守一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の検事の言及

【検察制度】より


[日本における検察制度の沿革]
 日本が近代的検察制度を導入したのは,フランス法継受期の1872年(明治5)である。同年に太政官が発布した司法職務定制により,検察官にあたるものとして検事が置かれ,刑事裁判の請求および立会いに従事するものとされた。当初は,検事が公訴権を独占しておらず,裁判所が職権で審理を開始する場合も認められていたが,数次の司法職務定制改正や検察制度の理解の深化に伴い,不告不理の原則が確立され,検事が刑事訴追を行う専門機関として認知されていく。…

※「検事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

検事の関連キーワード検事霞夕子 夜更けの祝電アーチボルト コックス検事霞夕子 風極の岬螺旋階段をおりる男E. ジョーンズ検事霧島三郎内田 司馬彦追われる刑事三木 猪太郎唐渡 房次郎川口 光太郎大沢 一郎大野恒太郎執行 軌正ゼロの蜜月里見 虎蔵最高検察庁工藤 則勝高等検察庁司法官試補

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

検事の関連情報