コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検査忌避 ケンサキヒ

デジタル大辞泉の解説

けんさ‐きひ【検査忌避】

検査をきらって受けないこと。
銀行が金融庁の立ち入り検査を受ける際、資料の隠蔽虚偽資料の作成などで妨害すること。銀行法で禁じられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

検査忌避

銀行法で定められた金融庁の立ち入り検査の際、資料を隠したり虚偽内容を記載した帳簿などを作成したりして検査を妨害する行為。個人には1年以下の懲役または300万円以下の罰金、法人には2億円以下の罰金が科せられる。金融庁は、検査忌避と認定した場合、行政処分をし、悪質と判断すれば刑事告発する。2004年には、当時のUFJ銀行と元役員らが告発されて、元副頭取らが逮捕、起訴され、有罪判決を受けた。

(2010-06-12 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

けんさきひ【検査忌避】

検査を不正に回避すること。特に、銀行が金融庁の検査を受ける際、資料を隠したり虚偽の答弁をするなどして、検査を拒んだり妨げる行為のこと。銀行法によって罰則が定められている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

検査忌避の関連キーワード日本振興銀行不良債権処理罰則答弁

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

検査忌避の関連情報