コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金融庁

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

金融庁

金融機関を検査・監督していた金融監督庁と、金融制度の企画・立案を担った旧大蔵省の金融企画局を統合し、2000年7月に発足した行政機関。現在は内閣府外局。従来、金融行政全般は大蔵省の担当だったが、様々な弊害が明るみに出たことを受け、財政と金融行政を分離。その後、いくつかの再編が行なわれ、銀行、証券、保険、信用組合など金融行政一般に携わる現在の金融の形になった。具体的には金融機関の検査・監督、金融制度に関する法律の企画・立案、銀行免許交付や公的資金投入の決定などの機能を持つ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きんゆう‐ちょう〔‐チヤウ〕【金融庁】

内閣府の外局の一。金融に関する制度の企画立案、金融機関の検査、監督、監視を担当する中央行政機関。平成12年(2000)に金融監督庁と大蔵省金融企画局が統合されて発足、翌年内閣府の外局に改組された。長は金融庁長官。長官とは別に、金融庁の事務を担当する内閣府特命担当大臣が置かれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

金融庁【きんゆうちょう】

金融行政を従来の大蔵省(現,財務省)などから独立して行うため,2000年7月に創設された中央行政機関で内閣府の外局。前身の金融監督庁(1998年6月設置)と大蔵省の旧企画金融局の機能を合わせ持つ。
→関連項目大蔵省格付け会社財務省総理府不良債権処理問題

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

きんゆうちょう【金融庁】

内閣府の外局の一。金融制度の企画・立案、民間金融機関の検査・監督等を担当する。2000年(平成12)発足。長は国務大臣。証券取引等監視委員会が属する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金融庁
きんゆうちょう
Financial Services Agency

旧金融監督庁。金融機関の検査・監督,証券市場の監視,金融制度に関する企画立案などを行なう行政機関。金融の機能の安定確保,預金者,保険契約者,有価証券の投資者などの保護,金融の円滑化などの役割を担う。 1997年6月金融行政の不透明性を解消するため,金融の検査・監督機能を大蔵省 (現財務省) から分離し,総理府外局として設置することを決めた金融監督庁設置法の成立を受けて,1998年6月 22日に金融監督庁として発足した。民間金融機関による自己査定や抜き打ち的検査などに頼っていた検査方法の効率化,早期是正措置の導入による経営破綻の早期予防体制の確立,破綻処理の3点が主要業務とされたが,信用秩序に著しい影響が生ずる場合の業務停止命令執行権は実質的に大蔵大臣にあるなど,大蔵省との役割分担が不明瞭な点を危惧する向きもあった。 1998年 12月金融再生委員会の発足に伴ってその傘下に置かれたが,2000年7月金融制度の企画立案を担ってきた大蔵省の金融企画局を統合し,金融庁として再発足,2001年1月の省庁再編により内閣府の外局となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金融庁
きんゆうちょう
Financial Services Agency

預金者、保険契約者、投資家らの保護から、金融システムの安定、金融機関の破綻処理、公正・透明な市場の確立まで、ほぼすべての金融行政を一元的に担う行政組織。金融庁設置法に基づき2000年(平成12)7月、前身の金融監督庁と大蔵省(現、財務省)の金融企画局が統合して発足した。2001年1月の中央省庁の再編に伴い、内閣府の外局となった。内閣府特命担当(金融担当)の国務大臣がトップにつき、国会議員が副大臣、大臣政務官として補佐する体制をとっている。事務方トップは金融庁長官で、総務企画局、検査局、監督局、証券取引等監視委員会、公認会計士・監査審査会などがある。金融に関する制度などの企画・立案や、銀行、保険、証券会社、ノンバンクなど民間金融機関の検査・監督のほか、銀行免許の交付、公的資金の投入決定などの機能をもつ。金融商品市場の取引ルールづくりとその監視、企業会計基準の策定、公認会計士・監査法人の監督なども所管する。また金融のグローバル化に対応するため、二国間あるいは多国間の金融協議に参加し、国際的な金融ルールづくりに加わっている。
 金融機関に対しては、健全な業務運営をしているかどうかを確認するため、検査官が金融機関に立ち入り、担当者などへの聞き取りや帳簿書類の閲覧などを実施する金融庁検査を行う。大手銀行には毎年1回、地方銀行などでは2~3年に1回の頻度で検査する。問題が発覚した場合は、業務改善命令や業務停止命令を出すほか、免許や登録の取り消しなどの行政処分を行う。意図的に検査を忌避した場合は刑事告発をすることができ、個人は1年以下の懲役または300万円以下の罰金、法人は2億円以下の罰金となる。
 金融行政は明治以来、財政とともに一貫して大蔵省が担当してきた。しかし1995年(平成7)に住宅金融専門会社(住専)処理問題や大蔵官僚の過剰接待問題が起きると、大蔵省の権限が大きすぎるうえ、財政と金融行政をあわせもつことで利益相反が起きていると批判され、両者を分離すべきとする「財政・金融分離論」が台頭した。この批判を受け1998年6月、大蔵省が担っていた金融機関の検査・監督部門を分離して金融監督庁が発足した。その後、中央省庁の再編を前に2000年7月、大蔵省の金融制度の企画・立案機能をも吸収して金融庁が誕生した。初代の金融庁長官には法曹界出身で元名古屋高等検察庁検事長の日野正晴(ひのまさはる)(1936― )が就任し、大蔵省との局長級人事交流を制限する「ノーリターンルール」を設けるなど、人事面でも「財政・金融分離」を徹底してスタートした。しかし2代目以降の歴代長官はいずれも旧大蔵省出身者が占め、「ノーリターンルール」も緩和されるなど、「財政・金融分離」原則をなし崩しにする動きが出ている。[矢野 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の金融庁の言及

【金融監督庁】より

…また,農林系統金融機関,ノンバンク,労働金庫の検査・監督は従来通り農水省,通産省,労働省との共管事項とした。なお,中央省庁再編の2003年完了時までに〈金融庁〉に改称し,金融庁では,国内金融に関する企画立案も担当することになる。他方,大蔵省は〈財務省〉に改組,当面〈金融破綻処理制度ないし金融危機管理に関する企画立案〉を担当するが,その〈任務及び機能を担うのは,金融システム改革の進状況等を勘案し,当分の間とする〉こととされている。…

※「金融庁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金融庁の関連キーワードABL(アセット・ベースト・レンディング)内部統制報告制度相談・照会窓口ディスクロージャーホットライン国際財務報告基準(IFRS)ソルベンシーマージン比率事業継続計画(BCP)ミクロプルーデンス政策保険金の不払い問題内閣府特命担当大臣情報コミュニティー金融検査マニュアル地域の元気創造本部少額短期保険業者金融商品取引業者有価証券報告書証券取引審議会債権譲渡の通知みずほ銀行問題金融商品取引法金融証券検査官

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金融庁の関連情報