楊梅瘡(読み)ようばいそう

精選版 日本国語大辞典「楊梅瘡」の解説

ようばい‐そう ヤウバイサウ【楊梅瘡】

〘名〙 (化膿したところが楊梅の実に似ているところからいう) 顔面に出る毒の古名。楊梅。
※病名彙解(1686)五「楊梅瘡(ヤウバイサウ) 俗に云とうがさ也」 〔外科正宗‐楊梅瘡論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の楊梅瘡の言及

【梅毒】より

…まずインド航路発見者のV.daガマの隊員がカリカットに上陸した98年ころにインドに運ばれ,続いてマレー半島に波及し,16世紀の初め中国の広東に達し,北上して中国全土に広がる。中国ではこれを〈広東瘡(カントンそう)〉あるいは〈楊梅瘡(ようばいそう)〉と呼んだ。 このころ明と交通していた日本にやがて梅毒が伝来するが,それは1512年(永正9)のことといわれ,はじめ関西に起こり,翌年には関東に及んだ。…

※「楊梅瘡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android